電子タバコのメリットとは?紙タバコにはないメリットを紹介!

フレーバーの種類が豊富!

電子タバコのメリットの1つは、種類が豊富なフレーバー(香り)です。紙タバコだと種類はノーマルかメンソールになりますが、電子タバコはその2つに加えてグリーンアップルやストロベリーなど数多くのフルーツフレーバーがあるのです。気分次第でフレーバーを変えて楽しめることが電子タバコの魅力といえるでしょう。電子タバコのメーカーによっては、ノーマルフレーバーよりメンソールフレーバーの方が業績が良い場合があります。メンソールの爽快感が吸いごたえを補うことで、電子タバコの吸いごたえに不安があった紙タバコの喫煙経験者を満足させられる傾向にあるようです。

結果的にコストダウンできる!

電子タバコは、最初にキット(吸うための機械)を買う必要があります。メーカーによって差はありますが、数千円~1万円くらいです。それでも結果的にコストダウンになるのは、紙タバコと電子タバコのカートリッジ(消耗する付け替え部分)にかかるコストに差があるからです。紙タバコ1箱とカートリッジ1箱の価格にあまり差はありませんが、電子タバコのカートリッジ1箱は紙タバコに換算すると1.5~5箱分になります。メーカー差はありますが、使用期間が長くなるほどコストダウンにつながります。

紙タバコのように1本を吸い切らなくてもいい機種もあり、1口吸ってやめられることもコストダウンにつながる理由の1つです。火を付けたけどすぐに消さなくてはならなくなったり、吸い始めたものの気分ではなかったりするなど紙タバコでは1本が無駄になる場合が、電子タバコではなくなります。

ニコチンリキッドは、日本国内では健康上の理由で市場での販売が禁じられていますが、海外では電子タバコの愛好者の間で高い人気があります。

|

Related