いつやればいいの?機械式時計のオーバーホール

欠かすことができないオーバーホール

機械式時計とは、ぜんまいを動力にして動く時計のことですが、この機械式時計を長く愛用し続けるためにはメンテナンスを欠かすことができません。丁寧に扱うことはもちろん、保管場所の選定などメンテナンスは様々ありますが、その中でも重要なものがオーバーホールです。オーバーホールとは、時計に使用されている部品を分解して、きれいに洗浄し、壊れているものは取り換えて注油を行って再度組み立てるという作業のことを言います。時計の細かな部品を正確に動かすためには、このオーバーホールを欠かすことができせん。これを怠ると、時刻がくるっていってしまい、修理に莫大な費用が掛かるといったことになります。

オーバーホールのタイミング

オーバーホールのタイミングは、時計の仕組みやタイプなどによって異なります。時計を購入した際の取り扱い説明書にオーバーホールのタイミングが記載されていることもありますが、一般的に3年から5年に一度はする方が良いとされています。3年から5年程使用していれば、時計の部品や油は経年劣化などにより悪くなるからです。しかし、時計を購入してずっと保管していた場合には、使う前に一度見てもらう必要があるでしょう。ずっと動かしていなかった時計の油は固まっている可能性があり、そのまま使用し始めると内部の部品を傷める可能性があります。

過酷な状況での使用はもっと多く

一般的な頻度は3年から5年に一度とされていますが、過酷な使用状況の場合は、より高い頻度でオーバーホールをする必要があります。通勤や通学といった日常生活で毎日使用して雨風にさらされているといった場合や時計をつけたままレジャーを楽しんでいる場合には、時計の痛みも早くなるからです。

グランドセイコーは、緻密に設計された文字盤やムーブメントなどの重要な箇所にこだわったモデルが多くあります。

|

Related