似ているようで全く別物従来の紙巻たばこと電子タバコの違い

電子タバコは燃焼しない

従来の紙巻きたばこは乾燥させたタバコの葉を燃焼させ、それによって発生した煙を吸い込むことで喫煙する方法でした。この方法では葉の燃焼過程で出るタールを吸い込んでしまい健康に良いとは言えず、また部屋の壁などにタールが付着し、匂いとともに黄ばみがこびりつく事になり、喫煙場所に気を使う必要もありました。電子タバコでは基本的に喫煙の際燃焼は行いません。電子タバコは中に入れたリキッドを電気熱で特殊な蒸気に変換し、それを喫煙する形になります。燃焼がないのでタールも発生せず、健康への悪影響が起きませんし、周囲の壁や物に匂いや黄ばみが付くこともありません。もちろん電子タバコであっても喫煙場所には気を使う必要こそありますが、紙巻たばこの持ついくつかのデメリットが存在しないのは大きな違いと言えるでしょう。

いろいろな味を試しやすい

紙巻たばこにはメンソールなどいくつかのフレーバーも存在しますが、銘柄の違いこそあれど、フレーバーの種類はさほど多くありません。しかし電子タバコはリキッドを蒸気に変えて喫煙するので、このリキッドの種類を変えてしまえば様々な味を楽しめます。フレーバーは多種多様に出ており、メンソール以外にもバニラやフルーツフレーバーなど、紙巻たばこでは実現不可能な風味のものまであります。またリキッドは液体のため、複数のリキッドを混ぜて新しいフレーバーを作ることも可能です。非常に味の選択幅が広く、また自分独自の味を作り出すこともできるのは、紙巻たばこにはなかった新しい楽しみ方と言えるでしょう。

ニコチンリキッドは国内製のものを購入するだけでなく、個人輸入などで海外の製品を手に入れることができます。

|

Related