費用対効果が期待できる?壁面緑化を取り入れるメリットと注意点

建物の寿命を延ばすことができる

時代の移り変わりの中で、オフィスや自宅の壁を緑で覆う壁面緑化を取り入れる人が増加傾向にあります。一見すると景観以外に大きな変化はないように感じられる壁面緑化には様々な効果があって、その一つが建物の延命です。コンクリートを始めとした建物の素材は、紫外線や雨などの外的要因によって気が付かないうちにダメージを負っています。外観を緑で覆うことによって、ダメージを最小限に抑えて建物の寿命を延ばすことができるのです。

経済的な負担が軽減される

建物の延命と併せて壁面緑化の特徴として挙げられるのが経済的効果です。建物全体を緑で覆うことは、季節による気温の変化を小さくすることができます。これにより、夏場の気温の上昇や冬場の落ち込みを防いで、冷暖房器具の使用を減らせるようになるのです。地球温暖化の予防にも繋がるという理由から、自治体によっては施工に掛かる費用を一部負担してもらえるケースもあります。導入に掛かるコストだけでなく、生活の負担を軽減できるのは大きなメリットです。

壁面緑化を行う上での注意点

壁面緑化には、コストを始めとした様々なメリットがある反面、気を付けなくてはいけない点もあります。その一つが虫の発生で、緑は虫に取って餌であり最適な住処でもあります。発生する虫の中には緑ではなく建物に直接被害を与える種類も。せっかく建物の寿命を延ばす目的で壁面緑化を行ったのに、虫の被害で短くなっては意味がありません。防虫対策をしっかりと行って、虫が住み着かないようにすることが重要になります。

壁面緑化は、建物の壁を植物で覆うことを意味する言葉です。その存在により景観が美しくなるだけでなく、壁面温度の低下や騒音の抑制につながる点がメリットです。

|

Related